2016年7月8日から新しいホームページに移転致しました。
つくば・土浦・牛久・阿見の出張整体 マッサージの新しいホームページはこちらへ。

遠ざかる海~放射能の怖さ~

こんにちは^^ナチュラルケアです。

放射能の話が連日のようにテレビに取り上げられています。
当たり前のように感じられた日常生活も、
考えて行動しなければならなくなりました。

以下は、
転載させていただいた記事です。
長いけれど、読んでいただけたら嬉しいです。

----------------------------------------------------------------

「なんと言う悲しい時代を迎えたことでしょう。」
という言葉でこの長い長い手紙が始まっています。

「今まで自分の子どもに極少量ずつでも何年か後には必ずその効果が現れてくるという毒を、毎日三度三度の食事に混ぜて食べさせている母親がいたでしょうか 。有毒入り添加物入りプラス放射能入り食品を食べねばならない時代がこようとは、誰が想像したでしょうか・・・」

チェルノブイリ事故で数億~10数億キュリーという大量の放射能が爆発とともに噴出し、それは8000キロのかなたから日本にもやってきて、海藻類、野草、牛乳、母乳からも放射能が検出されました。 その時、ちょうど赤ちゃんに母乳を飲ませていたある母親はこれから毎日泣きながら赤ちゃんにお乳を飲ませていたといいます。

原発が生み出す放射性元素は体内に蓄積しやすく 食物連鎖により濃縮されます。
アメリカのコロンビア川では、 川の中の放射能を1とすると プランクトンで2000倍、それを食べた小魚が15,000倍
小魚を食べたアヒルが40000倍、水鳥の卵が100万倍 これらの放射性物質は体内の様々な部分に蓄積し、放射性を出し続けて細胞を破壊します。

ヨウ素131・・・甲状腺に蓄積し、半減期は8日
プルトニウム239・・・肺に蓄積し、半減期はなんと2万4千年その間、ずっと最初と同じ強い放射線を出し続けている。
ストロンチウム90・・・骨に蓄積され白血病となる。半減期28年
セシウム137・・・生殖腺に蓄積され、不妊になる。半減期30年。これは女性が妊娠可能な期間ずっとということ。

いまや地球は狭い。経済機構は地球を簡単にぐるっと一回りしています。
日本は食糧の7割を輸入に頼っています。
日本の農民にとっては非情な減反をさせて、生産調整で牛乳を捨てさせて。
この牛乳、汚染されていないきれいな牛乳。ヨーロッパの人たちが喉から手が出るほど欲しい牛乳なのです。

輸入食品の日本の放射能チェック基準は370ベクレル
フィリピンではオランダからの粉ミルクに高放射能を検出して送り返しています。
マレーシアではオランダからのスキムミルクに検出。
シンガポールではフランスのチーズ、イギリスやスイスのチョコレート、そしてイタリアからの小麦製品からも汚染を発見して送り返しています。

東南アジアでは放射能基準は日本の10分の1です。
タイでは6~21ベクレル
フィリピンでは14.8~22.2ベクレル
なんとシンガポールではどんなレベルの放射能も許さないとしています。

なぜ日本だけがこんなに高い基準をもうけているのでしょうか
それは日本が原発をたくさん抱えているからです。
いざ自分の国が同じことになったときのためなのです。

アメリカのスリーマイル島で原発事故が起こったとき
ソ連は「あれはアメリカの原発がお粗末だからだ。ソ連は世界一優秀で安全な原子炉だ」と公表していた

そしてチェルノブイリ大事故
『怒るはずのないといわれていた最悪の炉心溶融、メルトダウンが起きてしまいました』

その時日本の専門家達は「あれはソ連の原発がお粗末なのだ」といった。
でも私はこんなことは信じません。人間は必ず間違いを犯すし、機械も必ず壊れるからです。

そして日本に本当に電力は不足しているのか?
真夏のピーク時さえも電力は40%もあまっている。
電力の26%を原子力が賄っているとことあるごとに言いますが、
その影に火力発電所を1/3も休ませているという事実があるのです。
単価についても1987年の通産省の発表によると
水力21円/kwh、石油10円/kwh、石炭12円/ksh、原子力12円/kwh
水力より安いだけです。
しかもこの単価計算には最も重要で必要な核廃棄物、廃炉等の処理、管理費は含まれません。
これは莫大な費用がいるのです。

原発の近くの人の被害はいうに及ばず、他国の人々、全土が汚染されるのですから、その食べ物によって、徐々に発ガン率は増加し、
『数年、数十年の間にはヨーロッパソ連ではものすごい数の人が癌になってなくなるだろうと専門家は見ています」

もし、幸いにも・・・本当に幸いにも大事故を起こさなかった場合でも重要な問題が残されています。
放射性廃棄物です。
原発1基が1年間動くと、死の灰1トン、プルトニウム250キロがたまります。
これは広島型原爆の1000倍の死の灰と、長崎型原爆の50発分のプルトニウムです。

中で働く人の作業着、手袋、スリッパ、道具、部品、蛍光灯まですべて放射能に汚染されていますので、ドラム缶に詰めます。
服についた死の灰は水で洗い流し、フィルターで一定量だけ除き、そのまま海に捨てています。

このドラム缶が原子炉一基につき、年間500~600本たまります。
このドラム缶1缶の放射能の強さは、巨大な病院で一ヶ月使用する放射性物質の全量と同等です。病院でいかに放射性物質を神経質に慎重に扱っているかはご存知でしょう。

この際限なく生み出されるこれら核のドラム缶を、際限なく貯蔵することは不可能なので、無責任も太平洋に投機しようという法律を政府は作りました。
しかし太平洋諸島の人々が「本当に安全だというなら東京湾に捨てろ!」と怒り、中止になったのです。本当に恥ずかしいことです。

すでに海洋投棄をしたアメリカでは深海でドラム缶がパックリとわれ、中味が流れ出し、魚市場の魚に放射能が大量に検出されたのです。

そして核燃料再処理工場の問題です。
再処理といっても、使用済み核燃料棒を切り刻んで硝酸でとかして、使い物にならないストロンチウム90などの死の灰と、まだ使えるウランとプルトニウムに分けるだけです。
この死の灰液は膨大な熱と放射能を蓄えたとても危険なものです。今のところこれを処分する方法は見つかっていませんので、長い間冷却し続けなければ放射能が漏れ出します。

『この冷却装置が停電で止まれば短時間で大惨事を招きます。地震などの災害によっても大事故は起こりえます。恐ろしい恐ろしいの連発ですが、何度言っても恐ろしいのです』

この恐ろしい再処理工場が青森県の六ヶ所村に建設される予定なのです。
よそ事、他人事と思ってみていると明日はわが身です。
酪農をしている人、お米を作っている碑と、行をして成型を立てている猟師さんたちの悲痛な叫びをわがこととして聞いて見ましょう。

この死の灰液をガラスのような固体にして地面に埋めるといわれていますが、この技術は過去何十年の研究でまだどの国も成功していません。
いつか子孫が開発してくれるだろうと考えているのです。

子どもにきれいに澄んだ空気、
いつでも安心してのめる美味しい水、
そして破壊されない地球を残すことは置いて、
次の世代のことも考えず、
勝手なものを創り、
勝手なことをして、
自分一代贅沢の限りを尽くし、
その結果の垂れ流しである、世にも危険な核の廃棄物を子や孫に残そうというのです。
そして後始末はお前達、良きようにしてくれと。

ではなぜここまでして原子力発電を推進するのでしょうか?

それは・・・お金です。
莫大なお金が手に入るのです。誰の手に?

電気事業法という法律で「投資した学の8%以上儲けてはならない」とあります。ということは8%までは儲けていいという利益保証付きの安全な産業です。

1000円投資すれば80円
10000円投資すれば800円儲けていいのです。
こうして火力電力の三倍ものコストのかかる原発をつくり、
投資すればするほど利益は上がるのです。

原子炉1基は5000億円かかります
この建設工事では建設費の3%を政治家にリベートとして与えるのが常識になっているので、150億円が政治家に入ります。
150億円の一部は地元の有力者にばら撒かれまた原発推進力となっていきます。

そして大切なもう一つの理由。。。
原発からプルトニウムが生産されるということです。
プルトニウムは原水爆の材料となります。
アメリカやソ連が原発を始めたのはこのためです。
原子炉はプルトニウムを作るためにあったのです。

日本の非核三原則や憲法9条があるから大丈夫だと思いますか?

国連の安全保障委員会に毎年「核戦争を防止するための決議案」というものが提出されます。
しかし毎年つぶれているのです。
反対する国があるからです。
アメリカ、イギリス、そして・・・日本です。
つまりわが日本は核兵器は場合によっては、使う場合もありえるという態度を世界に表明しているのです。
他の国の人々は知っています。
知らないのは日本人だけということになります。

人類はいつからかもっと便利に、もっと快適に、もっと早くを求めて突っ走ってきました。
そして其れを発展と思っていました。
ところがその行き着いたところはこの世界の状況です。
そしてなおもその発展はとどまることが罪で出もあるかのごとき
超スピードで走っていきます。
その先に何があるでしょう。想像したことがありますか。
先覚者たちはこのことをずっと前から言い続けておられます。
私達先の見えないものは毎日の生活に追われ、子どもの進学に狂奔し、極身近なもの同士の愛憎に明け暮れ、その声が聞こえにくかったのです。

みんなが原発に無関心でいられるのは、まず実情を知らないということも大きな原因だと思います。

それで私は一人でも多くの人に、せめて私の友人、知人にだけでもこのことを知らせてゆこうと思います。
この事実を知った以上、もう黙って見過ごすわけにはいきません。
黙って目を瞑って通るほうがもはや苦しいのです。
すこし先に知ったものの責任として、誰かに伝えてくださることを願って、、心から願って、、この長い手紙を書いています。」

そしてこの長い長い手紙の最後はこうくくられています。
「原子力は人類と共存できません」

さて、何分の一かに短くしたこの長い長い手紙ですが
誰がいつ書いたものだと思われますか?

これは 20年前に 福岡に住む普通の一人の母親が書いた物なのです・・・
20年前 チェルノブイリの事故後、
自分なりに勉強して、ある方あてに書いた手紙なのです。

------------------------------------------

一人ひとりの想いが未来を変える。
みんなで理解し合って、想いを共有できたら嬉しいです。
大切な未来をみんなの手でつくるためにも。


〜みんなを癒してあげたい♪幸せになれるリラクゼーション〜
ボディケア・オイルケア・フットケア・タイ古式ヒーリング
をしているナチュラルケアです。

~ひとから人へ伝えるこころをかたちに~
ナチュラルケア出張リラクゼーション店
営業時間:10:00〜26:00
定休日:年休無休
TEL:029-875-4024

・リラクゼーションマッサージの求人のご案内はこちらです。
・つくば地域情報ブログポータルサイト「つくばちゃんねる口コミ」はこちらです。

同じカテゴリー(ブログ(整体・マッサージ))の記事
 ホームページ・ブログ移転のお知らせ。 (2016-07-08 23:07)
 牛久のマッサージ|岡見町(おかみちょう)のお客様。 (2016-07-08 15:05)
 土浦のマッサージ|蓮河原新町(はすかわらしんまち)のお客様。 (2016-07-07 15:20)
 つくばの整体|松塚(まつづか)のお客様。 (2016-07-06 15:17)
 牛久のマッサージ|エステスクエア牛久壱番館のお客様。 (2016-07-05 15:08)
 土浦の整体|大町(おおまち)のお客様。 (2016-07-04 15:08)

プロフィール
ナチュラルケア
ナチュラルケア


【お問い合わせ・ご予約】

029-875-4024


【電話予約】

15:00~24:00

【施術時間】

10:00~24:00

(完全予約制)

【定休日】

不定休



QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人